《チェリオ》「ボディーガード」味は?評判など口コミは?効果の比較も紹介!

エナジードリンク
ライフガードの兄弟分エナジードリンクとしてチェリオが出しているのが「BODYGUARD(ボディーガード)」。

 

タケ@パパリーマン
タケ@パパリーマン

実は最初の販売は1987年と歴史があります。その後リニューアル開発を重ねてこのタイプで登場しています。

1 本あたりにカフェインは150mgでアルギニンは800mg配合しているのでエナジードリンクの中でも配分量が多いほうですね!

 

チェリオ「ボディーガード」の効果は?カフェイン含有量とアルギニン含有量は高め?レッドブル250ml缶と比較は?

味わいの前に気になるのがエナジードリンクとしての効果です。

エナジードリンクの効果は原材料と成分が元になります。その中でもエナジー効果として大きいのが「カフェイン」と「アルギニン」。

カフェインの効果は中枢神経の興奮作用によって眠気飛ばしや眠気防止、集中力アップなど。アルギニンはエネルギーを生み出す機能の活性化や成長ホルモンの分泌促進、筋力を高める働きなど。
タケ@パパリーマン
タケ@パパリーマン

チェリオ「ボディーガード」のカフェインとアルギニンはエナジー業界ではトップクラスの含有量です。

定番のレッドブルエナジードリンクのカフェイン含有量は1缶あたり「80㎎」でアルギニン含有量は1缶あたり「約300mg」。

対して、チェリオ「ボディーガード」は1缶あたり500mlと容量が多いのも後押ししますが、1缶あたりでカフェイン「150mg」でアルギニンは「800mg」含有してます。

 

銘柄/成分(1缶あたり)カフェインアルギニン
チェリオ「ボディーガード」約150mg約800mg
レッドブル約80㎎約300mg

1缶あたりの容量がチェリオ「ボディーガード」は500mlと多めなのに対して、レッドブルはご存じ250ml缶ですのでチェリオ「ボディーガード」の容量の半分だけ飲むとするとカフェインは75㎎でアルギニンは400㎎って事になります。

タケ@パパリーマン
タケ@パパリーマン

そう考えるとカフェインは定番エナジードリンクと同じような感じですが、アルギニンはちょい多めって感じですね!

《まずい?うまい?》チェリオボディーガード(エナジードリンク)を飲んだ人の感想や評価評判などの口コミは!?

実際にチェリオ「ボディーガード」を飲んだ人の感想や評価評判などの口コミです。

実際に飲んだ人の声を確認すると、まずい派とうまい派が半分半分程度。

以下、まずい派とうまい派の声。

まずい!美味しくない!の声は!?

 

うまい!美味しい!の声は!?

タケ@パパリーマン
タケ@パパリーマン

美味しいけど量が多い・・の声もありましたよ!また、レッドブルやデカビタの味わいに似ている!って声も!

《レビュー》チェリオ「ボディーガード」飲んでみた!味は?特徴は?

チェリオ「ボディーガード」飲んでみます。

原材料は糖類、炭酸、酸味料、アルギニン、香料、カフェイン、ナイアシン、甘味料(スクラロース)、V.B6、着色料。

 

デザインはライフガードと相対的にシンプルにしたようだ。

 

上部のフタの取って部分は黒。ここにかっこよさを感じる。

フタを開けると、エナジー風の香り。

注ぐ。

青色だ!

ライフガードは黄色なので、違いを大きく分ける為に青に?

 

これはコップに注がないと分からないで終わる人もいそうだな。

完成。

いただきます!

 

味は、デカビタ・オロナミンC的な味わい

よくあるエナジー系の味わいって感じだな。

でも、普通のエナジードリンクの味わいよりも多少コクがある。

ちょい濃厚さがある感じ。

飲みごたえ感もある。

しかし、こうやって飲んでみても青色のインパクトが大でちょくちょく色を見てしまう。

ごちそうさまでした。

容量が多いので、その分はエナジー効果は他のエナジードリンクよりも多めでしょう。

容量く摂取するカフェインが多めなので当然か。また、アルギニンは100mlとして計算しても他のエナジードリンクよりもやや高めです。

しかし鮮やかな青色に意識がいってしまうな(笑

味の特徴まとめ

  • デカビタ・オロナミンC的な味わい(よくあるエナジー系の味わい)
  • コクがある
  • 飲みごたえ感がある

まとめ

チェリオ「ボディーガード」は味わいは王道のエナジードリンクの味わいですが、容量が多い為、カフェインやアルギニンなどのエナジー成分は多め。

そして何より、コップに注ぐと分かるのですが、青色が神秘的で効果が倍増しそうな感じもするので目でも楽しめそう!

まだ飲んだ事ない人は近いうちにぜひ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました