徹底比較【2022年】コンタクトレンズサブスクの人気おすすめ!メリットデメリットも

コンタクトレンズ比較人気おすすめ画像コンタクトレンズ
コンタクトレンズを毎日使っているという方は、毎回買いに行くのが面倒だなと感じたり、気が付いたらストックが無くなっていたというようなことがありますよね。

そのような方におすすめのサービスが、コンタクトレンズのサブスクです。

コンタクトレンズを定期購入することで、毎回買いに行く手間は省けますし、買い忘れも防げます。
さらに、定期購入にすると安い価格で質の高いコンタクトレンズを入手できるという点も嬉しいポイントと言えるでしょう。

 

竹

この記事では、人気のコンタクトレンズサブスクサービスについて、各サービスを比較してまとめてみました。

 

【徹底比較】2022年版【コンタクトレンズサブスク(定額)】の比較表!

人気おすすめのコンタクトレンズサブスクのサービスを比較して比較表として紹介しています。
竹

以下はいずれも数あるコンタクトレンズサブスクの中でも、口コミでプラス評価の声が多い評判高い人気おすすめのコンタクトレンズサブスクです。

サービス名/比較月額料金(最安)入会金レンズ交換の可否カラコンの有無備考
3Cプラン1,980円~3,300円最低利用期間1年
メルスプラン1,980円~3,000円店頭申し込みが必要
J!NS 1DAYおトク定期便1,782円なし可(未開封に限り30日以内)取扱いコンタクトレンズがJ!NSの1DAYコンタクトだけ
concle(コンクル)3,850円なし①半年に1回無料で定期検診を受けることができる②10日間無料で試せる
dicon(ダイコン)1,900円3,000円(年会費)可(破損時のみ)処方箋が不要
メガネスーパーコンタクト定期便レンズの種類により異なるなし可(未開封で半年以内に限る)アフターサポートは無い
メアシス定期購入1,100円なし可(未開封、30日以内)アフターサポートが無い
リフレア定期購入1,100円なし可(未開封のみ)ワンデーレンズのみしかない
アットスタイル定期購入商品により異なるなし可(未開封のみ)定期コースの配送間隔は変更できない

 

2022年版【コンタクトレンズサブスク】の人気おすすめ【メリット&デメリットも紹介】

コンタクトレンズサブスクの人気おすすめを紹介しています。さらに、各サービスのメリット、デメリット(注意点)も紹介しています。
竹

数あるコンタクトレンズサブスクの中でも、口コミで評価評判が高いコンタクトレンズサブスクを以下でまとめています。メリット&デメリットもチェックしておきましょう!

 

【3Cプラン】

3Cプランコンタクトレンズ

出典:エースコンタクト公式

コンタクトレンズを販売している「エースコンタクト」のサブスクサービスです。

まとめて3ヶ月分のコンタクトレンズが届きます。

途中で度数が変わった場合には、商品を変更してもらうことができるので安心です。万が一レンズが足りなくなったという場合は、追加し店頭で受け取ることが可能です。

購入後のアフターサービスが充実している点がメリットです。

竹

3Cプランを利用したい場合は、一度店頭に行って申し込みし、処方箋を受け取ってからとなるため、急ぎで購入したいという場合は利用しにくいでしょう。

  • メリット:アフターサポートが充実、商品変更や度数変更も可能
  • デメリット:最低利用期間1年、店頭申し込みが必要
  • 月額料金(最安):1,980円~
  • 入会金:3,300円
  • 処方箋:必要
  • レンズ交換の可否:可
  • カラコンの有無:有

【メルスプラン】

メルスプランコンタクトレンズ

出典:メルスプラン公式

コンタクトレンズの販売をしている「エースコンタクト」のサブスクサービスで、「メニコン」というコンタクトレンズに特化したものとなっています。

「メニコン」のコンタクトレンズを愛用されている方におすすめです。

「メルスプラン」では、コンタクトレンズを使う際に必要なケア用品も一緒に注文できるという点がメリットです。

竹

「メルスプラン」も店頭での申し込みと処方箋が必要となっているため、急ぎで購入したい場合は利用しにくいでしょう。

  • メリット:アフターサポートが充実、ケア用品も届けてもらえる
  • デメリット:最低利用期間1年、店頭申し込みが必要
  • 月額料金(最安):1,980円~
  • 入会金:3,000円
  • 処方箋:必要
  • レンズ交換の可否:可
  • カラコンの有無:無

【J!NS 1DAYおトク定期便】

jins1dayコンタクトレンズ

出典:J!NS 1DAY公式

メガネを販売している「J!NS」のコンタクトレンズサブスクサービスです。

定期便を利用することでJ!NSの1DAYコンタクトを通常価格の10%OFFで購入できます。

スマホで簡単に申し込みができるので、急ぎで欲しい時も利用しやすい点がメリットです。さらに、13回以上継続すると、割引率が1%ずつアップするため、続ければ続けるほどお得になります。

デメリットは、取り扱っているコンタクトレンズが、J!NSの1DAYコンタクトだけという点です。

  • メリット:12回目継続でJ!INSのメガネと引き換えできるプレゼントコードがもらえる、申し込みも解約もスマホで可能
  • デメリット:取扱いしているコンタクトレンズがJ!NSの1DAYコンタクトだけ
  • 月額料金(最安):1,782円
  • 入会金:なし
  • 処方箋:不要
  • レンズ交換の可否:可(未開封に限り30日以内)
  • カラコンの有無:無

【concle】

concleコンタクトレンズ

出典:concle公式サイト

「concle」は、1DAYコンタクトレンズのサブスクサービスです。

他の定額制コンタクトレンズとの違いとして、事前に無料で試すことができるということが挙げられます。

10日間無料で試すことができるので、つけ心地や自分の目に合うかどうかを確認できます。さらに、コンタクトレンズをつけている際に欠かせない定期健診に関しても、半年に1回無料で受けることができるため、安心して使うことができます。

「concle」のコンタクトレンズは自社で作っているものとなっているため、大手メーカーのコンタクトレンズを使いたい方には向いていません。また、1DAYタイプのみとなり種類は選べません。

  • メリット:半年に1回無料で定期検診を受けることができる、10日間無料で試せる
  • デメリット:大手メーカーのコンタクトレンズではない
  • 月額料金(最安):3,850円
  • 入会金:0円
  • 処方箋:不要
  • レンズ交換の可否:否
  • カラコンの有無:無

 

【dicon(ダイコン)】

dicon(ダイコン)コンタクトレンズ

出典:dicon(ダイコン)公式サイト

「dicon(ダイコン)」は、自社のオリジナルコンタクトレンズをリーズナブルな価格で提供してくれています。

サブスクを利用しなくてもリーズナブルな価格ですが、定期便にすることでさらに安くなるという点がポイントです。

自社開発のコンタクトレンズですが、つけ心地にこだわっていて高品質設計です。ただし乱視用のレンズは取扱いされていません。

竹

特にメーカーにはこだわらないという人にはおすすめです。

  • メリット:格安でコンタクトレンズを購入できる
  • デメリット:乱視用は取扱いしていない
  • 月額料金(最安):1,900円
  • 入会金:3,000円(年会費)
  • 処方箋:不要
  • レンズ交換の可否:可(破損時のみ)
  • カラコンの有無:無

 

【メガネスーパー コンタクト定期便】

メガネスーパーコンタクトレンズ定期便

出典:メガネスーパーコンタクトレンズ定期便公式

大手コンタクト販売店のメガネスーパーのコンタクトレンズサブスクサービスです。

レンズの種類が豊富に用意されている点が特徴で、様々な視力の方に対応できる点は魅力でしょう。UVカットレンズやより高い潤いを維持できるタイプ、乱視用、遠近両用などもあり、目の状態に合わせて選びやすくなっています。

竹

レンズの種類にこだわりがある人も利用しやすいでしょう。また各レンズ1day、2week、1monthというようにタイプも選べます。

  • メリット:コンタクトレンズの種類が豊富
  • デメリット:アフターサポートは無い
  • 月額料金(最安):レンズの種類により異なる
  • 入会金:無
  • 処方箋:不要
  • レンズ交換の可否:可(未開封で半年以内に限る)
  • カラコンの有無:有

【リフレア 定期購入】

リフレアコンタクトレンズ

出典:リフレアコンタクトレンズ公式

コンタクトレンズメーカーの「リフレア」が自社開発しているコンタクトレンズを格安で購入できる定期便です。

自社製品ということでリーズナブルな価格でコンタクトレンズを購入できます。選べるレンズは2種類用意されているので、自分に合うほうを選べます。

竹

「リフレア」のコンタクトレンズはワンデーのみとなっていて、細かい種類は選べません。

  • メリット:リーズナブルな価格で購入できる、2種類から選べる
  • デメリット:ワンデーレンズのみしかない
  • 月額料金(最安):1,100円
  • 入会金:無
  • 処方箋:不要
  • レンズ交換の可否:可(未開封のみ)
  • カラコンの有無:無

【メアシス 定期購入】

メアシスコンタクトレンズ

出典:メアシスコンタクトレンズ公式

コンタクトレンズを通信販売している「メアシス」のサブスクサービスです。

コンタクトレンズの通販サイトが運営しているため、取扱いしているレンズの種類が豊富です。さらに価格もリーズナブルなので、できるだけ沢山の種類から選べて、なおかつ安く購入したい人におすすめです。

会員制度が設けられていて、ポイントを貯めることができるので、ポイントを使ったお買い物も可能です。

竹

アフターサポートがほぼ無いため、コンタクトレンズが破損した場合は、別途購入しなおさなければいけません。

  • メリット:会員制度でポイントが貯まる
  • デメリット:アフターサポートが無い
  • 月額料金(最安):1,100円
  • 入会金:無
  • 処方箋:不要
  • レンズ交換の可否:可(未開封、30日以内)
  • カラコンの有無:有

【アットスタイル 定期購入】

アットスタイルコンタクトレンズ

出典:アットスタイルコンタクトレンズ公式

リーズナブルな価格で様々なコンタクトレンズを定期購入できるサービスです。

オンラインで購入できるので、急ぎで購入したい場合も便利です。コンタクトレンズは、1dayでは90日間隔、2weekでは180日間隔などとなっていて、まとめて配送されてきます。

竹

定期購入は配送間隔を選択できないことから、届いたコンタクトレンズの保管場所に困ることがあるかもしれません。

  • メリット:価格が安く種類が多い
  • デメリット:定期コースの配送間隔は変更できない
  • 月額料金(最安):商品により異なる
  • 入会金:無
  • 処方箋:不要
  • レンズ交換の可否:可(未開封のみ)
  • カラコンの有無:有

コンタクトレンズサブスク(定額)を選ぶ際のポイントは?

コンタクトレンズサブスク(定額サービス)を選ぶ際は、下記のような点をおさえて、より自分が利用しやすいサービスを選ぶようにしましょう。
  • 自分が使っているコンタクトレンズはあるか
  • 自分の目に合うコンタクトレンズかどうか
  • 保証やアフターサポートがあるか
  • 月額利用料以外に発生する費用はあるか
  • 配送周期の変更等は可能か
  • スマホから申し込みできるか(申し込み、解約、スキップなどがスムーズにできるか)

 

竹

以上の点を抑えていての定期利用(サブスク利用)ならば失敗も少ないでしょう。

 

コンタクトレンズサブスクをおすすめ出来る人は?

コンタクトレンズのサブスクは、商品によっては定期購入よりも通常購入の方が安いという場合もあります。

できるだけ安く購入したいという人は、価格をしっかり確認しましょう。コンタクトレンズのサブスクは、下記のような人におすすめです。

  • コンタクトレンズを買い忘れしてしまうことがある
  • 毎回コンタクトレンズを買いに行くのが面倒
  • 処方箋なしでコンタクトレンズを購入したい
  • できるだけコンタクトレンズ費用を抑えたい
竹

面倒さがない点や買い忘れ防止の点、サービスによっては価格を抑えられる点がありますよ!ここらへんを重視する人はコンタクトレンズはサブスクにしてみては?

 

まとめ

コンタクトレンズのサブスクサービスをご紹介しました。

コンタクトレンズのサブスクサービスは、コンタクトレンズを購入し忘れてしまう人や、毎回買うのが面倒だなと感じている人、できるだけ安く購入したい人に最適なサービスです。

ご自身に合うサービスを見つけて利用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました