勝浦ホテル三日月の社長は!?小髙芳宗さんと判明!若い!学歴や年齢は!?

感染

こんにちわ!大竹よしもとです。

新型コロナウイルス感染の可能性がある日本人をチャーター機で中国武漢市から日本国内へ帰国させたニュースは周知の事実ですよね!

その受け入れ先を政府が探していたところ、快く承諾してくれたのが千葉県にある「勝浦ホテル三日月」です!

 

実は今回だけではなく、勝浦ホテル三日月は2019年の千葉のに被害を与えた台風15号、19号の際、地元に大浴場を無料開放してくれた経緯もあります。

本当にボランティア精神が高いホテルですね!

 

 

 

勝浦ホテル三日月の社長は!?「小髙芳宗」と判明!

受け入れを承諾した勝浦三日月ホテルの社長(出典:房総勝浦ライオンズクラブFB

 

新型コロナウイルスに感染した可能性もある日本人を191人も受け入れた勝浦三日月ホテル。

受け入れの最終判断は当然の事、社長でしょう!

 

では、勝浦三日月ホテルで新型コロナウイルス感染の可能性がある日本人を191人も受け入れる判断をした社長とはどんな人なのか?気になりますよね!

調査しました。公式サイトをチェックすれば簡単ですけどね。

以下。

 

会社名株式会社 勝浦ホテル三日月
株式会社 小湊ホテル三日月
代表者名代表取締役 小髙 芳宗
所在地〒299-5225 千葉県勝浦市墨名820
事業内容当グループは千葉県と栃木県にある、ホテル業(勝浦店・鴨川店・龍宮城店・きぬ川店)4店舗を基盤とし、その他レジャー関連施設として、勝浦ゴルフ倶楽部、大原ガーデンを運営。平成25年からは、環境問題や電力供給を考慮した再生可能エネルギーの導入として、太陽光発電所を千葉県5市町に合計約20.1MWを開所。

出典:ホテル三日月グループHP

 

受け入れを承諾した時の社長は小髙芳宗さんのようです。

小髙芳宗さんは房総勝浦ライオンズクラブの会員のようで、結婚した時の写真を房総勝浦ライオンズクラブのFacebookがアップしていましたのでそこから出典致します。

以下。

 

 

 

房総勝浦ライオンズクラブのFacebook

 

小髙芳宗の年齢は学歴は経歴は!?ボランティア精神強い代表取締役!

写真を見た人は若いような印象を受けるでしょう。

結婚式当時の写真は新型コロナウイルス感染の可能性がある日本人を受け入れた2020年1月から6年前の写真のようです。

 

なので、画像から約6年経過しているようですが、それでも通常の代表取締役にしては若いイメージがありますね!

学歴・経歴などをネット上を調査しましたが、残念ながら現時点での記載は見つけられませんでした。

おそらく有名大学を卒業しているだろうと推測は出来ますが・・。

 

武漢からの帰国の日本人の受け入れ承諾や台風の時には浴場を無料開放するなどボランティア精神が高い社長ですね!

 

祖父も社長、重役には小高の苗字が見受けられるので一族経営なのでしょう。

一族経営でここまで大きくしたのは立派ですね!

一族みんな小高社長のように人の為に尽くせる人なのかもしれませんね!

だからここまで大きなホテルになれたのかも!

勝浦ホテル三日月を賞賛する事が多数!ネット上の勝浦ホテル三日月に対する声まとめ!

中国湖北省武漢市から帰国した日本人を191人も受け入れ承諾する勝浦ホテル三日月を賞賛する声がネット上では相次いでます。

まとめ

勝浦ホテル三日月の社長は「小髙芳宗」さんです。

若いようですが、年齢や学齢は現時点では不明です。

武漢からの帰国者受け入れ以外にも台風の被害で千葉が断水した時には浴場を無料開放していたようです。

このような立派でボランティア精神が高い社長さんだからこそ勝浦ホテル三日月は人気のホテルになったんでしょう!今後も人気が出そうですね!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました