紫ブロッコリーは食べる時は緑色?生は?茹で方は?紫カリフラワーとの違いは?

なぜ?

紫ブロッコリーをスーパーで見つけて購入した人もいるでしょう。

しかし、何も知らない人は調理すると驚くはずです。

ゆずき
ゆずき

紫だったのに・・・・!?って感じに・・

 

ちなみに「紫ブロッコリー」は見た目が綺麗なので食べる事も出来て見た目でも楽しめると家庭菜園でも人気が出ている野菜です。

紫ブロッコリー料理したら緑色になったの声は!?

実際に紫ブロッコリーを購入して、紫色のまま鮮やかに食べようと思ってたら、緑色になってしまい残念な思いをした人も多いようです。

ゆずき
ゆずき

鮮やかな紫色のまま食卓に出したかった人には悲報ですが、味は普通のブロッコリーよりやや甘めが多く美味しいですから損はないはずなんですけどね~。

紫ブロッコリーは調理すると必ず緑色!?アントシアニンによる色!?

紫ブロッコリーをよく見ると、色が付いている部分は花やつぼみの部分。

この部分がなぜ紫色かと言うと、ポリフェノールの一種である「アントシアニン」が多く含まれている為です。

アントシアニンは水溶性なので、焼く、茹でるなどすると当然溶けてしまい、元の緑色に戻るわけです。

ゆずき
ゆずき

ちなみに、普通の緑色になった紫ブロッコリーは通常のブロッコリーよりも甘みが強めなのが特徴です。

生では食べられない!?緑色にならない茹で方は?

紫ブロッコリーをどうしても紫色のまま食卓に出したい!緑色にならずに食べる事は出来ないのか?って疑問もあると思います。

結論から言うと、無理です。

調理するって事は焼くにしても茹でるにしても、紫色の元である「アントシアニン」は溶けだしてしまいます。

生で食べればいいじゃないか?って思うかもしれないですが、紫ブロッコリーは生で食べる事が出来ません。

 

緑色にならない茹で方を試行錯誤してみましたが、茹で時間が短ければ紫が多少残りますが、それだとブロッコリー自体が茹でられていないので硬くて食べられません。

ゆずき
ゆずき

結論、紫色のまま紫ブロッコリーを食べる事は不可能と断定しました(笑

 

紫カリフラワーとの違いは!?調理すると色が変わる&変わらないの違い!?代用するなら紫カリフラワー!?

ゆずき
ゆずき

紫カリフラワーのほうが、知名度が高いのでご存じの人も多いでしょう。

紫ブロッコリーとの違いはブロッコリーとカリフラワーの違い以外にも大きな違いがあります。

 

前述していますが、調理すると色が変わるか変わらないかの違い。

紫ブロッコリーは調理すると必ず緑色になってしまいますが、紫カリフラワーの場合は調理しても、茹でても、焼いても、煮ても紫色のままです。

 

ゆずき
ゆずき

食卓に出す料理の材料の1つとして鮮やかに飾りたい場合は紫ブロッコリーよりも、紫カリフラワーを選ぶほうが無難ですね!ブロッコリーをカリフラワーに変えても料理そのものが変わってしまう程の違いは生まれないはずですから・・・。

ぼんぼん
ぼんぼん

家庭菜園で育てて、収穫した紫色の野菜をそのまま紫色で食べたい!って人は紫カリフラワーの種を買ったほうがいいですかね・・。

 

 

まとめ

紫ブロッコリーは食べる時は生では食べられないのでどうしても緑色になってしまいます。

完全に紫のままにする茹で方もありません。

紫カリフラワーの場合は茹でても、どんな料理しても紫色を保つので紫色をキープしたいなら紫カリフラワーで代用する方法があります。

しかし、紫ブロッコリーは料理して色が緑色になっても、普通のブロッコリーよりも甘みがあり美味しいですよ!色関係なしに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました