焼き塩と普通の塩の違い?味は?まろやか?サラサラ?おすすめの焼き塩は!?

おすすめ

普通の塩と「焼き塩」って何が違うの?って疑問になる人は多いと思います。

スーパーでも焼き塩と書いてある塩と書いてない塩がありますよね!

 

 

気になる木
気になる木

ここでは焼き塩について紹介しています。

【味の違いは!?】「焼き塩」の味は普通の塩よりもまろやか?角がない味に!?

普通の塩と焼き塩では製造過程に違いがあるようです。

塩を作るには熱を加えるのですが、焼き塩と呼ばれるようになるには約500℃近く、又はそれ以上の高温で長時間焼いた状態の塩を一般的に言います。

 

高温で長時間焼く事で塩化マグネシウムが酸化マグネシウムに変化します。

この酸化マグネシウムは塩1つ1つの周囲をコーテイングする働きがあり、この働きにより塩の角が取れた味わいになります。

強いしょっぱさではなく、「まろやかなしょっぱさ」って言う表現が合う味になります。

また、高温で長時間焼く事で湿り気も取れてサラサラの塩になります。

 

【おすすめ3選!】おすすめの焼き塩!口コミや評価が高い焼き塩チェック!

焼き塩の中でも、評判や評価など口コミが良いおすすめの焼き塩を紹介しています。

気になる木
気になる木

普通の塩じゃなくて、焼き塩が買いたい!って人はぜひ参考にしてくださいね!

 

味の素 「瀬戸のほんじお」焼き塩

瀬戸内・備前岡山の海水のみを使用して作った焼き塩。

焼き塩特有のサラサラでまろやかな味の定番の焼き塩。

 

千代の一番 手塩にかけて 焼き塩

越前の海水を直接汲み上げて風と太陽熱だけで濃縮な海水を作ります。その後に二週間かけて手作業で作られた焼き塩。

ミネラルが豊富でほのかな甘みも感じます。

 

海の精 やきしお

伊勢神宮御塩殿神社に伝わる古式製法を再現して作られた焼き塩。コクが強くて、マイルドな味。超高温で完全に焼ききっているので超サラサラの焼き塩です。

 

まとめ

まろやかでサラサラ缶が強い焼き塩。

料理によってはサラサラ感が強い塩やまろやかさがある塩のほうが合う料理がありますよね!

これを機会に普通の塩と焼き塩を使い分けてみると面白いかもしれませんね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました