準チョコレート?まずい?口コミは?違いは?植物油脂?お菓子作り?溶けない?

食べ物・飲み物
お菓子やアイスを食べていて、ふと、チョコレートの製品情報見たら「準チョコレート」って記載を見た!って事ありませんか?

 

準チョコレートとは何なのか?をここでは説明しています。

結論から言うと、チョコレートと準チョコレートは別物です!

 

準チョコレートはまずい?うまい?感想や評価評判などの口コミは!?

準チョコレートの味の口コミを調査してみると、まずい!って言う人もいれば、うまい!って言う人も!

タケ@パパリーマン
タケ@パパリーマン

カカオ率が高い純正チョコ好きには準チョコはまずい!美味しくない!って声が多いようですよ!

 

準チョコレートがまずい!美味しくない!の声は!?

タケ@パパリーマン
タケ@パパリーマン

まずい!美味しくない!の声。高級志向の人には不向きですね

 

準チョコレートがうまい!美味しい!の声は!?

タケ@パパリーマン
タケ@パパリーマン

うまい!美味しい!の声。

チョコレートと準チョコレートの違いは!?味はほぼ同じ!?価格は?成分に違い?カカオ比率!?植物油脂で補う?

タケ@パパリーマン
タケ@パパリーマン

チョコレートと準チョコレートは違います。

違いはカカオの比率です。

チョコレートの定義はカカオ分が全体の35%以上の生地を全重量の60%以上使用したものです。

また、カカオ分が全体の21%以上でカカオ分と乳固形分の合計が35%以上の生地を全重量の60%以上使用したものもチョコレートと呼びます。

 

そして、気になる「準チョコレート」の定義はカカオ分が15%以上、又は、カカオ分7%以上かつ乳固形分12.5%以上の生地を全重量の60%以上使用したものです。

 

つまり、「使用するカカオの比率の違いがチョコレートと準チョコレートの違い」です。

 

値段や味の違いは?

チョコレートでも、準チョコレートでも成分の中で価格が高い原材料は「カカオ」です。

その為、カカオ成分の割合が少なめの準チョコレートのほうが安い値段で購入する事が出来ます。

 

ぼんぼん
ぼんぼん

100円ショップなどでのチョコレート置き場ではよく準チョコレート商品を見る事が出来ますね!

 

タケ@パパリーマン
タケ@パパリーマン

また、準チョコレートはチョコレート単体ではなくて、アイスやお菓子の一部のチョコとして使用している事も多いですよ!

 

気になるチョコレートと準チョコレートの味の違いについては、実際に食べてみると分かるのですが、甘さが強めの場合はチョコレートも準チョコレートもほぼ同じチョコレートに感じます。

 

 

タケ@パパリーマン
タケ@パパリーマン

味としては大きな違いがあり、すぐに食べて気づく!って事は難しいようです。

あくまでもパッケージの原材料を見ないと分からないケースが多いですね!

 

 

準チョコレートは植物油脂が多め!?カカオ率の低さを補う為?

チョコレートと準チョコレートの違いはカカオ比率ですが、準チョコレートの原材料をよく見ると「植物油脂」と記載があるケースが多いです。

準チョコレートはチョコレートと比べてカカオが足りない分、それを補う為にも似たような油脂で補う事があります。

それが「植物油脂」です。

 

通常の植物油脂そのものの場合もありますが、中にはカカオに近づける為に科学的に性質を変えた成分の油脂が入っている事もあります。

タケ@パパリーマン
タケ@パパリーマン

準チョコは購入しないようにしている人もいますが、健康被害などがないので、原材料に認められているので安心してくださいね!

 

市販のお菓子やアイスで準チョコレートの商品は!?実は豊富にある!?

準チョコレートは危ない!危険なわけではありません!

 

タケ@パパリーマン
タケ@パパリーマン

通常のチョコレートよりも、安く買えるケースが多いので逆にラッキーかもですよ!

カカオの香りを楽しみたい!って人には不向きですが・・。

 

ここでは代表的な準チョコレート類を一部紹介しています。

  • 森永「BAKE(ベイク)」
  • ブラックサンダーチョコ
  • チロルチョコ
  • チョコバット
  • ブッラクサンダーアイス
  • でん六ピーナッツチョコ
  • うまい棒チョコ味
  • ロッテパイの実

コンビニなどで売っているお菓子チョコやアイスチョコの多くは準チョコなのです。

 

準チョコレートはお菓子作りに不向き!?溶けない?って本当!?

お菓子作りをする時にチョコレートを溶かす事が多いと思います。

しかし、通常のチョコレートと比較すると準チョコレートは溶けずらいのです。

タケ@パパリーマン
タケ@パパリーマン

決して溶けない!ってわけではないですが、溶けにくい!

 

準チョコレートが溶けにくい理由はカカオ分が少ない事とカカオ分を補う為に使用する油脂成分が多い事が挙げられます。

純正のチョコレートに比べると特にこの油脂によってかなり溶けづらくなっているのです。

通常はチョコレートが溶けづらい事はいい事ですが、お菓子作りに使用する場合はデメリットですね!

 

準チョコレートが溶けづらい理由

  • カカオ成分が少ない
  • 植物油脂などの油脂を多めに使用している(カカオ成分の少なさを補う為に)
タケ@パパリーマン
タケ@パパリーマン

あくまでも溶けづらいだけで、きちんと湯せんすれば純正のチョコレートのように溶けますのでお菓子作りにも使えます。ただ、純正のチョコレートに比べると溶けづらいって事です。

 

準チョコレートは太りやすくニキビが出来やすい!?油脂と糖分により促進される!?

チョコレートと比べて準チョコレートには多くの油脂(植物油脂等)が含まれている事が分かったと思います。

タケ@パパリーマン
タケ@パパリーマン

そこで、よく言われる準チョコは太る!ニキビが出来やすい!ってのも理解できるはずですね!

 

普通のチョコよりもカカオ成分を少なめにしている為に油脂を多めに使用して作られた準チョコレートはその油脂が多めに含まれている為に、通常のカカオ率が高いチョコレートに比べると太りやすく、ニキビなどの吹き出物が出やすいデメリットがあります。

さらに、油脂の他に、糖分も多いので、ダイエットとニキビには大敵な食べ物とも言えます。

 

チョコが好きだけど、ニキビ出したくない!太りたくない!って人は以下のようなカカオ100%で糖分少なめのチョコを選ぶがおすすめ。

カカオ100%純正チョコのおすすめ

 

まとめ

準チョコレートはチョコレートと違いカカオ率が低いチョコレートです。

まずい!って事もありますが、うまい!って事も?しかし、現在は植物油脂などを使い、普通のチョコレートとあまり違いがないような味まで進化しています。

ただ、準チョコは油脂類が多いケースがあるのでお菓子作りなどの際は溶けにくいデメリットも!

安さを取るか、質を取るかでしょうかね!

この記事を書いた人
タケ@パパリーマン

3人の子持ちのサラリーマンです。
気になる商品・サービスなどを調べるのが好きです!
口コミや評価評判をチェック。さらに自分でレビューや体験レポ、現地レポもやってます。
サラリーマンの傍らフリーライター業もしてますよ。

タケ@パパリーマンをフォローする
食べ物・飲み物
タケ@パパリーマンをフォローする
気になるね!ウン!

コメント

タイトルとURLをコピーしました