ルイボスティーが洋服に付くとシミ出来る?原因は?口コミは?取る方法は?

なぜ?

こんにちわ、takeです。

take
take

ルイボスティーがシャッツや洋服などに付くとシミが出来て困る!って人が多いようです。

ここではルイボスティーのシミ(ルイボスシミ)の原因と取る方法について紹介しています。

 

ルイボスティーの育毛効果やルイボスティーの味が消毒液臭いの声が多い!事についてのページは別途以下で紹介していますので興味があれば合わせてご覧ください。

 

 

 

ルイボスティーはシミが付きやすい?実際の声や感想・評価評判など口コミは?

take
take

ルイボスティーのシミが付いた!シミが落ちない!困った!などの声はネット上で探すとすぐに出てきます。ルイボスティーのシミで悩んでいる人は多いのです!

 

ぼんぼん
ぼんぼん

 ルイボスティーこぼすと赤色系のシミが付くようですね~。そして落ちづらいのが難点!

 

ルイボスティーのシミの原因は?タンニン?麦茶や緑茶もあるがルイボスは赤色が多いので目立つ?

take
take

ルイボスティーがシミになるのはルイボスティーに含まれる成分にあります。

 

ルイボスティーがシミになる原因は「タンニン」と呼ばれるお茶の成分が原因です。

タンニンは緑茶でもほうじ茶でも入っている成分ですが、通常のお茶よりも、ルイボスティーがシミになりやすいのはその色。

 

ルイボスティーの色は通常は「赤色」ですので、白い服などでは特に目立ってしまいシミがある事に気づきやすくなるからです。

 

take
take

以下そんな赤色系のルイボスティーのシミ(ルイボスシミ)を取る方法は以下。

ルイボスティーのシミを取る方法?塩素系漂白剤か粉末タイプの酸素系漂白剤?動物性繊維には液体タイプの酸素系漂白剤?

take
take

ルイボスティーを含むお茶の成分「タンニン」を完全に取りきるには通常の洗濯では無理です。

 

取る方法としては漂白剤の使用がベスト!

最もベストは「塩素系漂白剤」です。塩素系が苦手!使いたくない!って人は「酸素系漂白剤の粉末タイプ」を使用する事がおすすめ。(酸素系漂白剤は粉末のほうが強力)

付け置きする事で重要なポイントは温度。50℃前後の温度の温水に漂白剤を入れて2時間前後付け置きしてください。

 

注意点としては絹や羊毛(ウール)などの動物繊維へのルイボスティーのシミには塩素系漂白剤と粉末タイプの酸素系漂白剤が使用出来ません(強力すぎ)ので、液体タイプの酸素系漂白剤を使用してください。

ぼんぼん
ぼんぼん

動物繊維は絹や羊毛(ウール)の他にも特殊な繊維としてアルパカ・アンゴラ・カシミヤ・モヘアがありますね~。

 

繊維の種類(植物or動物)繊維の例使用する漂白剤
植物繊維綿、麻など。塩素系(液体or粉末)か粉末タイプの酸素系
動物繊維絹・羊毛(ウール)・アルパカ・アンゴラ・カシミヤ・モヘアなど。液体タイプの酸素系

 

ルイボスシミ対策の漂白剤のおすすめ!【繊維別】

take
take

ここではルイボスティーで付くシミを取る為の漂白剤のおすすめを紹介しています。

ルイボスティーのシミが付いている服などの繊維が植物繊維なのか?動物繊維なのかで選ぶ漂白剤も違ってきますので注意して確認してくださいね!

 

塩素系漂白剤(液体&粉末)のおすすめ【植物繊維のシミ対策】

塩素系で衣類タイプの液体漂白剤と言えば定番どころの「ハイター」。

take
take

ルイボスティーのシミはこれで解決!

 

酸素系漂白剤(粉末タイプ)のおすすめ【植物繊維のシミ対策】

酸素系漂白剤で粉末タイプのおすすめはこれ。

take
take

塩素系を使いたくない人に!

「パックス 酸素系漂白剤」はシミに対する洗浄力が強い事と消臭力も半端ない。

 

酸素系漂白剤(液体タイプ)のおすすめ【動物繊維のシミ対策】

酸素系漂白で液体タイプなら有名どころのシャボン玉石けん漂白剤。

take
take

動物繊維のルイボスティーのシミならこちらをお使いください。

 

シミが付きにくいルイボスティーはグリーンルイボスティー!?通常のレッドルイボスティーは赤色でグリーンルイボスティーは薄い黄色!?

付いてしまったルイボスティーのシミは漂白剤での付け置きで取れる事を説明しましたが、そもそもシミが目立ちにくいルイボスティーを飲んだほうがいいよね!って人はグリーンルイボスティがおすすめ。

 

通常のルイボスティーは赤色をしています。これは茶葉のルイボスを発酵させてから乾燥させ製造するからです。赤色なのでレッドルイボスティーと呼びます。

 

take
take

しかし、ルイボスティーにはグリーンルイボスティーと呼ばれ薄黄色のルイボスティーがあります。

このタイプは茶葉のルイボスを発酵させないで特殊製法で乾燥させて使用する方法で作るルイボスティーです。

このグリーンルイボスティーのタイプは薄い黄色で日本の緑茶が薄くなったような色なので洋服にタンニン成分が付いても赤色ほど目立つ事はありません。

 

take
take

ルイボスティーのシミは嫌だけどルイボスティーの美容健康効果は維持していきたい!って人はグリーンルイボスティがおすすめ!以下有名どころのグリーンルイボスティー。

 

 

 ルイボスティーの成分だけサプリメントで摂取する事も出来る!?

ルイボスティーはシミが付くのが嫌って人はグリーンルイボスティーに代替する方法の他にルイボスティーの美容健康成分を凝縮させたサプリメントもあります。

take
take

サプリでルイボスティー成分を摂取した人にはおすすめ。

 

ルイボスティーサプリメント

また、美容に特化した商品でルイボスティーのクリームも販売しています。

ルイボスエキス配合で高い保湿効果「RBモイストリッチクリーム」

まとめ

ルイボスティーのシミの原因はタンニン。漂白剤で落ちますが、繊維に注意ですね!

さらに、シミは嫌だけどルイボスティーの美容健康成分は摂取し続けたい!って人はグリーンルイボスティーやルイボス成分がある商品を代用する方法もありますね!

ルイボス成分は美容健康だけでなく育毛や白髪対策効果もあるんですよ!

育毛とルイボスティーについては以下参考に!

この記事を書いた人
take

takeです。
気になる情報・商品・サービスなどを調べるのが好きです!
リーマンの傍らフリーライター業もやってます。

takeをフォローする
なぜ? 方法
takeをフォローする
気になるね!ウン!

コメント

タイトルとURLをコピーしました