マスクの毛羽立ちでかゆい?解消方法や防止は?アイロン?ライター?毛玉取り?

方法

こんにちわ。takeです。

 

マスクの毛羽立ちが気になる人が多いようです。

不織布マスクの場合は、節約として1回程度は洗って使う人や数日使う人もいるようでその為に毛羽立ちが発生してしまいます。

そして布マスクでも使用日数が多いと毛羽立ちが発生します。

 

 

take
take

ここでは、マスクの毛羽立ちでかゆくなってしまう人や毛羽立ちそのものが嫌!って人の為に解消方法や防止方法を紹介しています。

 

 

マスクの毛羽立ちが気になる?内側が毛羽立つとかゆい?

take
take

不織布マスクを使い捨てではなく、数日使用したり、洗濯して使うと毛羽立ちが出てくるのは当然ですが、布マスクでも安い布マスクはすぐに毛羽立ちます!

 

そんな毛羽立ちが気になる!って声や内側に毛羽立ちが出来て「かゆい」!って声がとても多いのです。

ぼんぼん
ぼんぼん

皆さん、気になるのでしょうね!

 

 

マスクは洗う回数が多いほど毛羽立ち頻度も多く発生します。

布マスクは当然ですが、不織布マスクのを洗った人はなおさら、さらに不織布マスクの場合は洗わなくても1日単位で使い捨てしないとすぐに発生する事も!

 

その前に不織布マスクて洗えるの?って人は以下のページを参考にしてください。

 

布マスクの洗い方については以下を参考にしてください。

 

 

そして、マスクの毛羽立ちが気になる人は2パターンあって、マスク自体の毛羽立ちが見た目的に気になる人とマスクの内側の毛羽立ちによってかゆみが出てそのかゆみが気になる人です。

 

①見た目的にマスクの毛羽立ちが気になる!
②マスクの内側の毛羽立ちにより肌のかゆみが出てそれが気になる!

マスクの毛羽立ちについての感想や評価評判などの口コミは?かゆいが圧倒的?

以下、実際のマスクと毛羽立ちについての声です。

 

出来てしまった毛羽立ちを解消する方法は?ライター?アイロン?安全な方法は毛玉取り?

take
take

実際にマスクの毛羽立ちを解消した口コミを見ると大きく以下の3つに分ける事が出来ます。

 

それはライターを使う方法とアイロンを使う方法、そして毛玉取りを使用する方法です。

当然ですが、ベストな方法は毛玉取りを使用する方法です。

 

take
take

ライターを使った方法は参考までにとどめてください。とても危険ですからね。特に不織布マスクにライターは絶対ダメ!

ライターで焼く!危険な方法?おすすめしません!

まず、口コミで多かったのでやむを得ず紹介しておきます。

ライターで毛羽立ちを消す方法です。

 

布マスクの場合でも一歩間違えれば危ないですが、不織布マスクの場合は、間違えてマスクに数秒でも近づければマスク自体が燃えてしまうので大変危険です。

 

take
take

こうやって毛羽立ち消している人もいるんだね~くらいの参考程度に!

アイロンで解消!低温から始める事!洗濯のりあると効果的!

次はアイロンで毛羽立ちを取る方法です。

アイロンする事で不織布マスクも布マスクも毛羽立ちを取る事が可能です。

 

低温から当て布をして始める事が重要。

 

いきなり高温でアイロンしたり、当て布無しでアイロンする事で不織布マスクの場合は溶けてしまう事も!

 

そして、より安全&効果的に実施したいならスプレータイプの洗濯ノリをスプレーしてから低温で当て布してアイロンするとマスクの張りも出て効果と安全面もベストなようです。

 

 

 

 

毛玉取りを使う!最もおすすめ出来て安全な方法!

最もおすすめするのがライターやアイロンなど使わずに毛玉取りを使う方法です。

特に電動の毛玉取り機を使用する事で簡単にマスクの毛羽立ちが取れます。

take
take

不織布マスクでも布マスクでも簡単ですよ!

毛羽立ちを未然に防ぐ防止方法は?

未然に防ぐには毎日の使用後にアイロンを低温でかける事&洗って乾かしたら実施する事です。

take
take

毛羽立ちしない癖を付ける事が出来ます。かゆくなる前に対処できるわけです!

 

 

事前に毛羽立ちを防止するなら面倒だけど定期的なアイロン!

 

まとめ

不織布マスクの毛羽立ちを解消&防止する方法でしたが、極論を言うと不織布マスクは使用したその日に使用を終えるのが、効果の面でも、効率さの面でもベストです。

 

どうしても経済的に多少マスク効果が落ちてもやむを得ない人のみの提案方法でした。

毛羽立ちはかゆみも出てくるし、見た目的にもNGですからね!

 

マスクの毛羽立ちは解消出来たけど、マスク付けた時の臭いが気になる!って人は以下でマスクの臭いについて紹介しているので興味があれば合わせてご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました